*

St.Paul’s within the walls Roma 聖パオロ教会 ローマ

公開日: : 最終更新日:2016/11/16 コースと費用の詳細

教会の歴史と特徴

St.Paul’s within the walls Roma 聖パオロ教会 ローマ 

sp1
(外観写真 ナツィオナーレ通りから見たファザード正面装飾)

正式名称 セントポールウツィンザウォール教会(イタリア語では、La chiesa di San Paolo dentro le Mura
(英語ではSt. Paul Within the Walls) は、
ローマのテルミニ駅から歩いて10分の大通りナツィオナーレ通りに面したアメリカンチャーチ教会です。

この教会は、イタリア統合の後の1800年代に建設された歴史があり、
ロバートネヴィン氏が、ここの土地を購入しイタリア政府からの許可をやっと得て、
イギリス人建築家George Edmond Streetジョージエドモンド ストリートの設計のもと、
カトリック教会ではない、アメリカン教会を建てることができました。

1873年建設開始から、1880 年にかけてロマネスクーゴシック様式風に
建てられたので、トラバーチン石の白と、レンガ色の赤のストライプに仕上げられています。

正面には大きなバラ窓「rosone」イタリア語ではロゾーネと呼ばれるステンドグラスが配置され、
テーマは、「福音者」シンボルが装飾されています。

教会内部は、3廊式の典型的なイタリアの教会作りになっており、
美しいステンドグラスの色が特徴的に内部を明るく神秘的な雰囲気に醸し出しています。

ステンドグラスには、新約聖書のキリストの物語と聖人達のお話が刻まれていて、まるでステンドグラス美術館のようです。

上部の主祭壇の上を荘厳に見せている半円アーチ内のモザイク画は、Edward Burne-Jones(エドワードバーンジョーンズ氏)デザインの、
「アポカリッセ=福音者聖ヨハネの「黙示録」が描かれています。

半円アーチ内のモザイク画の下には、やはり、キリスト教の聖人達が描かれているのですが、
大変興味深いことに、この1800年代のモザイク画の聖人達の顔は、聖書の登場する人物でありながら、
当時の偉人たちの顔が重ねられているので、是非、探してみましょう!

例えば.....
聖アンドレア=Abramo Lincoln(アブラハム・リンカーン)
聖ヤコブ(ジャコモ)=Giuseppe Garibaldi(ジュセッペ・ガリバルディ)
聖パトリツィオ(パトリック)=Grantグラント将軍(アメリカ独立戦争の将軍)

St.Paul’s within the walls Roma 聖パオロ教会 ローマ

<教会内の様子>

sp2
上記写真:教会の主祭壇と内部の様子

「ブライダルコーディネーター片庭みめがお勧めする理由!」

oratorio4

ローマのテルミニ駅から歩いて10分と言う立地条件の良さが魅力的な教会です!

通常テルミニ駅というと、マイナスなイメージ(喧噪的な)が多いのですが、
ここセイントポール教会は、大通りに面していながら、正面玄関を入ると、グリーンオアシスのような雰囲気を持っています。

教会自体は、他のローマの歴史ある教会と比べると新しい建築ですが、(それでも日本でいう明治時代です!)
教会内部の重厚な装飾特に、モザイク画や、彫刻、そして、ステンドグラスなどは、本格的なキリスト教の教会と言う雰囲気たっぷりです!

トラディショナルな、イタリアらしい教会挙式をイメージされていらっしゃるなら、是非、このセイントポール教会をお勧めいたします。

 

会場詳細

挙式可能日土、日曜日、祝祭日を除く毎日
収容人数約200人
バージンロードの長さ約20m
挙式の言葉英語またはイタリア語
音楽パイプオルガン
挙式スタイル牧師によるブレッシング形式(法的効力はありません)
アクセス鉄道ローマテルミニ駅から車で5分、徒歩約12分
フラワーシャワー、ライスシャワーライスシャワー可、フラワーシャワー可

 

St.Paul’s within the walls Roma 聖パオロ教会 ローマ お薦めブライダルプラン

ベーシックプラン料金
St.Paul’s within the walls Roma 聖パオロ教会 ローマ ウェディング298,000円

2017年12月31日まで有効

上記プランに含まれるもの

bullet_1
(1)教会(または施設)使用料
(2)牧師(またはセレモニーマスター)への謝礼
(3)音楽奏者への謝礼(音楽は会場により異なります)
(4)通訳兼介添え(挙式場にて)
(5)結婚証明書(法的な効力有)
(6)生花ブーケ&ブートニア(季節の花のラウンド)
(7)挙式日の支度場所~挙式会場間のカップル送迎
(8)リングピロー
(9)アルターフラワー(造花)
(10)ピューフラワー(造花)

(1)挙式後乾杯用ドリンク(スプマンテ/カップル分+ゲスト分)
(2)婚姻受理証明書の翻訳

挙式場詳細

sp7

(上記写真:挙式ミサが行われる主祭壇のきらびやかなモザイク画)

入口のバラ窓とフレスコ画

sp5

主祭壇横にあるパイプオルガンで入場音楽を演奏します

sp6

教会側面も二連窓と尖塔アーチが続きます

sp3

ステンドグラスの神秘的な光に癒されます

sp4

式場の写真詳細

sp9
sp8

sp10

関連記事

Palazzo Campidoglio カンピドーリオ宮殿 ローマ市庁舎 リーガル挙式

式場(宮殿)の歴史と特徴 Palazzo Campidoglio カンピドーリオ宮殿 ローマ市

記事を読む

villa lais ヴィッラライス ローマ リーガル挙式

式場の歴史と特徴 villa lais ヴィッラライス ローマ リーガル挙式 (式場

記事を読む

Santa Trofimena di Minori サンタトロフィメーナ教会(ミノーリ)

教会の歴史と特徴 Santa Trofimena di Minori サンタトロフィメーナ教会

記事を読む

セントポール教会 chiesa di San Paolo alla croce

式場の歴史と特徴 フィレンツェを見下ろす丘の上に建つセントポール教会で、美しい田園風景に囲まれ

記事を読む

セントジェームス教会

フィレンツェ中央駅から、徒歩5分という便利な立地条件にありながら、とても閑静な雰囲気を持つ教会。

記事を読む

オラトリオ教会(聖フィリッポ教会)

式場(教会)の歴史と特徴 <写真上:外観(フィレンツェの市庁舎ヴェッキオ宮殿のすぐ

記事を読む

villa le piazzole ヴィッラ レ ピアッツォーレ

式場(チャペルと別荘)の歴史と特徴 <写真上:外観(フィレンツェ郊外にあるvill

記事を読む

Villa Medicea di Lilliano ヴィラ メディチェア リリアノ (メデイチ家別荘リリアノ)

式場(教会)の歴史と特徴 <写真上:外観(フィレンツェ郊外のキャンティ地方の田園地帯にある

記事を読む

Santa Maria Maddalena  Atrani 聖マグダラのマリア教会 (アトラーニ)

教会の歴史と特徴 Chiesa "Santa Maria Maddalena" Atrani

記事を読む

VILLA LA VEDETTA ヴィッラ ラ ヴェデッタ

式場(教会)の歴史と特徴 <写真上:外観(フィレンツェの絶景パノラマテラスとして知られるミ

記事を読む

  • LINEでのお問い合わせ・ご相談はこちらから!

  • 電話番号(イタリアの携帯番号)
    39-339-547-1163
    スカイプ(skype)番号
    mimekataniwa
    メールアドレス
    bridalflorence@yahoo.co.jp
    LINE ID
    Mime Firenze
  • 初めまして! イタリア フィレンツェ現地在住のウェディングコーディネーター「Florence Bridal」 代表 片庭 未芽(カタニワ ミメ)と申します。

    「永遠の愛」をお誓いになられるお二人に相応しい、一生の思い出となる、海外 ウェディングを実現させて頂くのが私たちの使命です! まずは、無料相談から、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

    ご不明な点や、疑問点に必ずお答えさせて頂きます。 どうぞよろしくお願いいたします。

    ブログはこちら>>

    bridalflorence@yahoo.co.jp
    携帯番号0039-339-547-1163
    (イタリア国番号)
    skype名:mimekataniwa
    コーディネーターに直接つながります

    日本での無料相談会
    "現地コーディネーター来日!
    ブライダルフェア”実施中
    お気軽にお問い合わせください!