*

Santa Maria Maddalena  Atrani 聖マグダラのマリア教会 (アトラーニ)

公開日: : 最終更新日:2017/04/03 コースと費用の詳細

教会の歴史と特徴

Chiesa “Santa Maria Maddalena” Atrani 聖マグダラのマリア教会 

madda1

アマルフィ旧市街から、少し丘の上に上がった、高台に聳え立つ白い美しい教会は、
1274年に建設された古い歴史を持ちます。

遠くまで見渡すことのできる立地条件から、中世の古い要塞が存在したと言われますが、
その基盤後に、教会の建設が始まったと言われています。

この教会が、聖マグダラのマリアに捧げられているのは、
マンフレディのサラセン人に一時占領されてしまっていたatraniアトラ-ニの町を、
聖マグダラのマリアが出現して、街を解放してくれたという伝説があるためです。

1570年と1669年にアトラーニ市民の特別税金によってこの教会は、
修復改装され、更に、1753年に拡張工事が行われた際に、今現在の三廊式の教会になりました。

1852年には、サレルノ出身の建築家Lorenzo Casalbore(ロレンツォ カサルボレ)によって、
近代的な装飾に生まれかわりました。

現在の教会の美しい正面装飾ファザードは、アマルフィ海岸では唯一のロココ様式であり、
マヨルカ装飾のクーポラ(丸天井)と16世紀に建設された鐘楼は、褐色のトゥーフォ石でできていて、
下部は、四角で、鐘楼の部分は八角形という、大変珍しい形をしています。

madda2

<写真上:教会外観>

教会内部は、カラフルな色大理石の装飾で飾られ、1700年代から1800年代の宗教絵画、彫刻が数多く存在します。

中でも、主祭壇の大きな板版絵画である、聖マグダラのマリアと、聖アンドレア、聖セバスティアンは、
見事な装飾品であり、どれも、この近くの町ミノーリ出身の無名画家の手によるものです。

毎年7月22日は、この町と教会の守護聖人である聖マグダラのマリアの祝日であり、
教会にある聖マグダラのマリア像を掲げて、祈りを捧げながら巡礼する行列が行われることで知られております。

このお祭りの日には、町中では、伝統的に、sarchiaponeサルキアポーネ(緑色の南瓜に肉詰した物のオーブン焼き)と言われるお料理を食べるのが習慣なのです。

ちなみに、このアトラーニ「atrani」と言う町は、アマルフィ旧市街から車で5分の隣接した町ですが、
「イタリアの中で一番小さいcomune=市」としても知られています。

本当に、教会を中心として、見渡せてしまうほどの小さな市なのです!

Santa Maria Maddalena  Atrani 聖マグダラのマリア教会 (アトラーニ)

<教会内の様子>

madda3

上記写真:マッダレーナ教会の主祭壇と内部の様子

挙式場詳細

madda7

(上記写真:教会前のモニュメンタル階段の様子:ホワイトを基調とした清潔感溢れる、まさにブライダルに相応しい荘厳な雰囲気です)

教会前の絶景テラスから、アマルフィ海岸を撮影できます!

madda4

madda9

主祭壇の様子

madda6

「ブライダルコーディネーター片庭みめがお勧めする理由!」

oratorio4

この教会に初めて訪れる方は、まず、教会の前のアマルフィ海岸の絶景に言葉を失う事でしょう!

教会の正面装飾「ファザード」は、純白の清潔感のある色をしていて、階段から見上げる教会の眩しいほどのホワイトと、
真っ青なコバルト色をした青空のコントラストは、「アマルフィなんだ!」という実感を沸かせるのに相応しいスポットです。

内部の主祭壇や、主廊の左右の石柱もカラフルな大理石の象嵌細工で飾られ、教会自体の大きさも、
大きすぎず小さすぎない、丁度いい、お二人の為だけのピッタリサイズと言う事も、お勧めのポイントです。

常に採光窓からの自然光が、教会内部を明るく照らしているのも雰囲気の良い条件の一つですね。

特に、教会広場前に広がるアマルフィ海岸の吸い込まれていくような絶景は、私個人的にも、
一番ロマンチックポイントとして、お勧めの場所でもあります!

有名な町、アマルフィやポジターノと違って、殆ど人がいないので、
まるでこの景色を独り占めした気分になれるのも、ここだけの特権です!

式場の写真詳細

madda8

上記写真: アトラーニの小さな町と教会のカラフルなクーポラ(丸天井)

madda5

上記写真: マッダレーナ教会は、丁度、アトラーニの町に入る部分にあり、
カーブの上に聳え立っているので、テラスからは、素晴らしい景色を眺めることができる
というのが、分かります。

 

会場詳細

挙式可能日土、日曜日、祝祭日を除く毎日
収容人数約200人
バージンロードの長さ約16m
挙式の言葉イタリア語
音楽パイプオルガン
挙式スタイル司祭によるブレッシング形式(法的効力はありません)
アクセス鉄道サレルノ駅から車またはバス「アトラーニ」下車
フラワーシャワー、ライスシャワーライスシャワー可、フラワーシャワー可

 

Santa Maria Maddalena  Atrani 聖マグダラのマリア教会 (アトラーニ) お薦めブライダルプラン

ベーシックプラン料金
Santa Maria Maddalena  Atrani 聖マグダラのマリア教会 (アトラーニ) ウェディング398,000円

2017年12月31日まで有効

上記プランに含まれるもの

bullet_1
(1)教会(または施設)使用料
(2)牧師(またはセレモニーマスター)への謝礼
(3)音楽奏者への謝礼(音楽は会場により異なります)
(4)通訳兼介添え(挙式場にて)
(5)結婚証明書(法的な効力無)
(6)生花ブーケ&ブートニア(季節の花のラウンド)
(7)挙式日の支度場所~挙式会場間のカップル送迎
(8)リングピロー
(9)アルターフラワー(造花)
(10)ピューフラワー(造花)

(1)挙式後乾杯用ドリンク(スプマンテ/カップル分+ゲスト分)
(2)婚姻受理証明書の翻訳

関連記事

セントジェームス教会

フィレンツェ中央駅から、徒歩5分という便利な立地条件にありながら、とても閑静な雰囲気を持つ教会。

記事を読む

ヴェッキオ宮殿(フィレンツェ市庁舎)

フィレンツェの町の政治的シンボルであり、今でも市庁舎として使われているヴェッキオ宮殿は、

記事を読む

イル・パラージョ城 castello il palagio

式場の歴史と特徴 キャンティ地方の中世の古城で、イタリア貴族の伝統とトスカーナ独特の豊かな自然

記事を読む

Museo Baldini バルディーニ美術館

式場の歴史と特徴 美術館内で、歴史的美術に囲まれて挙げるリーガルウェデングは芸術の都フィレンツ

記事を読む

VILLA LA VEDETTA ヴィッラ ラ ヴェデッタ

式場(教会)の歴史と特徴 <写真上:外観(フィレンツェの絶景パノラマテラスとして知られるミ

記事を読む

セントポール教会 chiesa di San Paolo alla croce

式場の歴史と特徴 フィレンツェを見下ろす丘の上に建つセントポール教会で、美しい田園風景に囲まれ

記事を読む

Villa Medicea di Lilliano ヴィラ メディチェア リリアノ (メデイチ家別荘リリアノ)

式場(教会)の歴史と特徴 <写真上:外観(フィレンツェ郊外のキャンティ地方の田園地帯にある

記事を読む

Santa Trofimena di Minori サンタトロフィメーナ教会(ミノーリ)

教会の歴史と特徴 Santa Trofimena di Minori サンタトロフィメーナ教会

記事を読む

villa lais ヴィッラライス ローマ リーガル挙式

式場の歴史と特徴 villa lais ヴィッラライス ローマ リーガル挙式 (式場

記事を読む

villa le piazzole ヴィッラ レ ピアッツォーレ

式場(チャペルと別荘)の歴史と特徴 <写真上:外観(フィレンツェ郊外にあるvill

記事を読む

  • LINEでのお問い合わせ・ご相談はこちらから!

  • 電話番号(イタリアの携帯番号)
    39-339-547-1163
    スカイプ(skype)番号
    mimekataniwa
    メールアドレス
    bridalflorence@yahoo.co.jp
    LINE ID
    Mime Firenze
  • 初めまして! イタリア フィレンツェ現地在住のウェディングコーディネーター「Florence Bridal」 代表 片庭 未芽(カタニワ ミメ)と申します。

    「永遠の愛」をお誓いになられるお二人に相応しい、一生の思い出となる、海外 ウェディングを実現させて頂くのが私たちの使命です! まずは、無料相談から、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

    ご不明な点や、疑問点に必ずお答えさせて頂きます。 どうぞよろしくお願いいたします。

    ブログはこちら>>

    bridalflorence@yahoo.co.jp
    携帯番号0039-339-547-1163
    (イタリア国番号)
    skype名:mimekataniwa
    コーディネーターに直接つながります

    日本での無料相談会
    "現地コーディネーター来日!
    ブライダルフェア”実施中
    お気軽にお問い合わせください!